子犬の育て方

飼い方をしっかり教えてくれる

ペットの世話をする
 

パピヨン犬のブリーダーである天使のパピヨンは、子犬を初めて連れてきた時の注意や
飼い方についていろいろとアドバイスを受けることが可能です。


まずペットサークルの中に入れてみると良いでしょう。
水は給水器に入れていつでも飲めるように整えたり、最初の3日間は生活にあまり慣れてないので、
サークルからは出さないようにしたりあまり触らないことをおすすめします。


最初は家族みんなで優しく見守ってあげるのが良く、温かい目で見るようにします。
ワクチンは1回しか接種していないので、2回目の接種を行い10日間経過するまで
地面を歩かせたり、他の犬と接触する機会を少なくすることが大切です。

家族で見守る


散歩中に伝染病などに感染させないよう注意しなければいけません。
ワクチン1回目の証明書に次回の接種日が記載されているので、もしなければ
2回目のワクチンは生まれてから90日を目安に行うことをおすすめします。


犬を飼っている人がパピヨン犬に触れるたり、他の犬を触った後にその犬を触ると
伝染病などを感染させてしまうケースがあるので注意が必要です。

 

気軽にブリーダーに相談することができます


パピヨン犬の基本のお手入れとして、例えばシャンプーの場合1ヶ月に1回程
度子犬用シャンプーを使って汚れを洗い流しましょう。


耳や目などに水やお湯が入らないように注意しながら洗い、ワクチンを接種した
前後5日間シャンプーを避けることをおすすめします。


耳掃除(イヤークリーナー)は専門の耳掃除液を使用し、耳の中に液体を入れる種類がおすすめです。

耳掃除


耳掃除する際綿棒を使うと耳の中を傷つけたり炎症の原因になるケースもあるので、
ブリーダーの指示に従って行いましょう。


定期的に爪切りを行い、犬の爪は血液と神経があるので気を付けながら爪のお手入れを行います。


フローリングで滑らないように工夫した方が良く、活発な犬種になるので
フローリングで走ると滑って怪我の原因になるかもしれません。


トイレトレーニングを行う場合、サークル内でしつけるなら寝る場所と
トイレスペースに区分けし、トイレを自然に覚えさせるのが一般的です。